★低スプレッド・1000倍レバレッジ・オンライン入出金・日本語化サービス開始!★
★EXNESS簡単口座開設・特設ブログ→クリック★

2011年08月13日

自動売買の裁量損切りについて

こんにちは、株丸大吉です。

8/11(木)に、サイクロン203、WallStreet、PEGASASU、TimeZoneの
EUR/USDが、ほぼ同じ場面で、売りエントリーをして、全てのポジションが
損切りになってしまいました。

全く、チャートが見れなければ、完全自動売買として、それはそれでOKなの
ですが、もし、昼休みにでもチェックできた場合、何か裁量で対処できないのか。。
損失を少しでも食い止める、裁量損切りができないのか。。
納得がいかず、考えてみました。

20110811.JPG

8/11のEUR/USD15分足のチャート画像です。チャート的には、売りトレンドからの
反発なので、そこから、EAが売りエントリーをするのはOKかと思います。
(4EAのエントリーは、赤四角付近でした)

ただ、RSI系の指標であるQQEは、ダイバージェンスで、大底を示唆。。
その後、黄色丸の50%越えで、上昇加速しました。

たらればですが、チャートを見れる状態であれば、この50%越え付近が
売りエントリーの損切りライン。。または、反対売買にもなりますが、
裁量にて買いエントリーという戦略が考えられます。

TSDのインジケータのフォーラムで、QQEのクロスと、LevelStop-Reversのサインが
一致した時は、かなりの確率で信頼できる旨のコメントを読んだ時があります。
チャート画像で、その一致点を、ピンクと水色の四角で囲みました。
その2種のインジが、買いで一致したあと、EAでは売りエントリーです。
どう考えても、危険なエントリーであるということがわかります。

第一損切り→WallStreet PEGASUSロジック2
第二損切り→TimeZonePullBack@ サイクロン203

この1か月の動きからですが、サイクロン203の損切りは甘すぎです。
調子の良い時と悪い時の差が非常にありますので、ロット注意と
裁量介入が必要なEAかと感じてます。
TimeZone損切りについての判断は、もう少し時間が必要です。

さすがに、WallStreetとPEGASASUの損切りは上手です。

今まで、自動売買に裁量を加えると、あまりカンバシクないことが多い様にも
感じましたが、上記チャートのように明らかに、首を傾げるエントリーの場合は、
私は今後、積極的に介入するかもわかりません。

単に、ほったらかしのEA自動売買では、勝てないと感じてます。
また、EAのポートフォリオ、リスク分散などとも言われますが、
これが、非常に難しいお話かとも感じてます。

本日は、少しマニアックなチャートのお話ですが、裁量で介入する時の
参考にして頂ければ、幸いです。
今日は、チャートやインジの見直しができて、自分でも勉強になりました。

こちらの画像も裁量介入に参考になります。
現在、私が大注目の矢印インジケータの商材です。。

『FXバックドラフト』

kabu225fxcfdをフォローしましょう
【投資関連は株丸大吉もフォローさせていただきます!】

少しでもお役に立てましたら応援クリック!よろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村
株丸大吉も愛用中のWindowsデスクトップ。Meta4トレーダーに大人気です!

株丸大吉が運用中のシステム!
損切りが上手で堅実なスキャルピングMeta4EA!
FALCON.jpg

posted by 株丸 大吉 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動売買と裁量組み合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。