★低スプレッド・1000倍レバレッジ・オンライン入出金・日本語化サービス開始!★
★EXNESS簡単口座開設・特設ブログ→クリック★

2006年10月20日

週間株式・為替展望 10月23日(月)-10月27日(金)

高値もみ合いの展開

今週の株式見通し
今週の株式市場は、高値警戒感が強まるなか高値もみ合いの展開が
予想される。米国株高を背景に日経平均株価は上昇ピッチが早まって
いるが、業績の上方修正も同時に織り込みつつあり上値も重くなりそう
だ。ただ、米国経済のソフトランディングによる米国株高、良好な企業業
績など外部環境は良好であることから株価の下値も限定的となろう。
上昇ピッチのスピード調整となる可能性が高く、利益確定による押し目
が入るようなら買いのチャンスと捉えたい。先週の東京株式市場は高値
警戒感が強まったが、米国株高を背景に底堅く推移した。軟調となって
いた新興市場も自立反発の動きを強め、投資マインドは明るさを増した。
また、国内企業の中間決算発表を控え、業績上方修正を先取りする動き
が出たことも株価を押し上げた。ただ、急ピッチの上昇に対する警戒感
から、先駆して買われた銘柄には利益確定売りが優勢となり、上げ幅は
限定的となった。
注目材料・為替
今週の国内経済指標は25日に貿易統計(9月)、27日に東京都区部消
費者物価(10月)、商業販売統計(9月)などが予定されている。また
今週、中間決算の発表を予定している企業は23日の花王<4452>、信越
化学<4063>、24日のJSR<4185>、NEOMAX<6975>、25日の本田技研
工業<7267>、野村ホールディングス<8604>、26日のソニー<6758>、富
士通<6702>、日本電気<6701>、27日の王子製紙<3861>、住友金属鉱
山<5713>、松下電器<6752>、ファナック<6954>、住友商事<8053>など
がある。一方、米国では25日に中古住宅販売(9月)、26日に新築住宅
販売(9月)、27日にGDP(7-9月期)などが予定されている。注目は7-9
月期GDP。市場予想は前期比年率で2.0%前後となっており、4-6期の
確定値2.6%を大きく下回る見通しだ。住宅市場調整の影響が出るとの
観測が多い。なお、24-25日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)で
は、政策金利を5.25%に据え置く公算が大きい。また、今週の主な企業
の決算発表日は23日にテキサス・インスツルメンツ、AT&T、24日にアマ
ゾン・ドット・コム、コーチ、25日にルーセント・テクノロジーズ、ボ
ーイング、26日にマイクロソフト、27日にエクソンモービル、シェブロン
などが予定されている(発表日は変更される可能性もあります)。
需給動向は、米国株高を背景にリスク許容度が高まった外国人投資家の
買いが引き続き期待されるほか、新興市場の反発から個人投資家の市場
心理も好転しており物色意欲は旺盛と考えられる。ただ、裁定買い残高
が過去最高を更新しており需給面の懸念要因となっている。為替市場で
は、今週の予想レンジを1ドル=117円〜119円と見る向きが多い。先週の
円相場は日米金利差から円売りの動きが続いたが、日銀が円キャリー取引
をけん制したことから円買い戻しの動きも活発化し、円ドル相場は狭いレ
ンジ内での動きにとどまった。今週の円相場は日米の経済指標を睨んだ展
開となろうが、週末に米国のGDP発表を控えているだけに円相場は狭いレ
ンジ内での動きにとどまる可能性が高い。
(モーニングスター)

にほんブログ村 株ブログへ
↑ワンクリックにご協力下さい!
posted by 株丸 大吉 at 22:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

株初心者のための相場解説 10/23(日経平均続伸、TOPIX戻り高値更新、信越化学好決算、新興市場堅調、FOMC) FPかぶ吉
Excerpt: 今日のキーワード・日経平均大幅続伸・東証値上がり1153、値下がり423、変わらず121・TOPIX戻り高値突破・9月中間決算発表期待・信越化学好決算・新興市場堅調・USEN、楽天、急反発・外国人投資..
Weblog: FPが語る株式投資儲けのヒント
Tracked: 2006-10-23 22:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。