★低スプレッド・1000倍レバレッジ・オンライン入出金・日本語化サービス開始!★
★EXNESS簡単口座開設・特設ブログ→クリック★

2009年07月05日

副島隆彦

『日米振り込め詐欺 大恐慌』 副島隆彦

こんにちは、株丸大吉です。
最近、副島隆彦氏の講義DVD2巻(TUTAYAレンタル)を見て、
それこそ『なんじゃ こりゃ!』とびっくりしてしまいまして
『日米振り込め詐欺 大恐慌』と『売国者たちの末路』の書籍も
読破してしまいました。

ここまで自分の考えを発信できる方は、副島氏以外存在しないのでは
ないでしょうか。。テレビや雑誌に出てる評論家の方々は、それぞれ
いろいろな利害関係やしがらみで自分の考えをどこまで発信している
のか疑問です。

副島氏の話をどこまで信じるかは意見の別れるところのようです。

●証券会社や銀行が一般投資家に売り込む投資信託が、完全に
 発行者側からの利益追求にのみ作られて、投資家の利益になって
 いないこと。
●小泉・竹中の両氏は売国者か?
●民主、小沢元代表の検察捜査は国策捜査か?
●ドル暴落の可能性について

アメリカのサブプライムがらみの損失を農林中金、三菱東京UFJが
表面化させていない等の話もあり、まだまだこの問題は根が深そう
です。

ただ、アメリカがドルの紙幣を印刷しまくらないと、この危機が
治まらないのは、本当なようで、FXをしている人間は可能性として
暴落がきても驚かない態勢が必要なようです。

証券マンのとき、儲からない投資信託を販売していたこともあり
胸が痛くなる副島氏のお話でした。

なんらかの形で社会に貢献できる人生にしたいものです。。。。。





posted by 株丸 大吉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。