★低スプレッド・1000倍レバレッジ・オンライン入出金・日本語化サービス開始!★
★EXNESS簡単口座開設・特設ブログ→クリック★

2009年06月14日

FX教科書 

こんにちは、株丸大吉です。

『FX短期売買の教科書』松田哲氏の書籍を買いました。
FXの基本的な説明もあり、初心者の方やチャートの勉強を始め
られた方向けの内容でした。

長期の時間足から短期の時間足を見る。。。。
トレンドラインの確認。。。。

わかっていてもなかなか守れない、この基本的な内容の復習の為に
この本を買いましたが、気になる点がありました。

ところどころに『外為オンライン』の宣伝があるのです。
非常に疲れました。
というか、ほとんど不愉快です。

例えば、一部を抜粋しますと。。
「短期売買ではFX業者をシビアに選ぶべきなのですが、売買手数料
やスプレッドの面でとても有利で、たった2クリックで発注作業の
できる外為オンラインなどは短期売買にとても優しい会社といえる
でしょう」

???

FXの評論家の中では、大御所の松田哲氏が宣伝費を得るために、
このような内容を書かれるのは、読者軽視と感じます。

本当に読者に儲けてもらいたいと考えるならば、ここまでの宣伝本は
株丸は書けません。。。

なぜ、ここまで株丸は怒るのか?こんなことで?

それは、FXの短期売買の投資家は、皆、取引会社の事で悩んでいる
からです。

私は株式出身なので、FXの各社の約定力やスリップ等など、今だに
慣れることができません。
ここぞと思って注文クリックしたら、不出来や数pixも離れたレートで
約定と会社選びも本当に大変です。

低スプレッドを宣伝する会社よりも高い約定力の会社の方が、安心
できることが、ようやくわかってきました。

また、私には、MetaTraderとの相性も口座選びに関係あります。
121証券のMetaTraderは、とてもボラティリティが高いので、この
動きに追随したレート表示ができる会社が条件となります。

FXブロードネット、マネーパートナーズが今のところ、ほぼ条件を
満たしてますが、一長一短でまだまだ不満もいっぱいです。

スプレッドにあまりこだわらずに、saxo系等高い約定力を誇る会社
も今後研究していきたいと思います。



posted by 株丸 大吉 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。